大人でもデカ目への憧れはある

ですが、大人とはいえ女性には変わりはありませんので、やっぱり目は大きくぱっちりと。目力を強く。という意識はありますよね。

目は口ほどにものをいう。という言葉もあるくらいですから、目の印象というのは大事なものなのだろうと思います。

ただ、いわゆるギャルメイクと同じ方法でお化粧するわけにはいきませんから、大人には大人のデカ目メイクというテクニックが必要になるのかもしれません。

大人もデカ目になりたい

日本人の多くは奥二重か一重瞼というデータがありますが、ぱっちりした大きな目に憧れて、二重至上主義という風潮があるようです。
二重瞼形成アイテムも驚くほど多種多様ですし、中高生や小学生でも美容整形を考える時代になっているそうですね。

二重化粧品とアイラインとつけマツ毛

二重のりやファイバーといった二重形成アイテムにアイライナー。
そしてつけマツ毛にカラコンが目を大きく見せるための神器だそうです。
整形級メイクと呼ばれるほど、すっぴんとメイク後ではびっくりするくらいに顔立ちが変わってしまう方もいらっしゃいますね。
メイクの手順動画などを見てみると、感心してしまうことも多いのですが、これはごく若い年代に限られたお化粧方法だと思います。
社会人女性が、通勤などでもこういったメイクをしていたのでは、さすがに常識の範疇から外れてしまう気がしますね。

BBクリームとCCクリームを使い分ける

スキンケアの後、下地を塗ってファンデーションを塗ってフェイスパウダー叩く。

パウダリーファンデーションを愛用している方でしたら、パウダーの手間は省けますが、下地とファンデーションは切っても切り離せないものでした。

ですが、BBクリームがの存在が広まったことで、ベースメイクの時間はずいぶん短縮されましたよね。

ですが、今度はCCクリームというものが人気のようですよ。

どちらも時短メイクには欠かせない存在になりましたが、BBクリームが手をかけずとも、ベースメイクにも手を抜いていない。という印象になることに対して、CCクリームはすっぴんなのに肌が綺麗。というイメージです。

以前、ティント乳液というとても軽いリキッドファンデーションがありましたが、ティント乳液に近い存在だと思います。

元々の肌が綺麗だという方や、近所に買い物に行くだけという場合であれば、CCクリームの用途は広いと思いますよ。

どちらも肌に負担が少なく手軽にお化粧が済ませられますので、オンとオフでBBクリームとCCクリームを使い分けるというのもいいかもしれませんね。

人気のBBクリームとCCクリームの違い

そもそもBBクリームとは何か

BBクリームは、元々ケガや肌トラブルの痕を隠すためのものです。

国産メーカーのBBクリームも増えて、軽いテクスチャーのものも多くなりましたが、元来BBクリームは重くしっとりとした使い心地のものになります。

傷痕をカバーすることが目的なので、カバー力がありながら肌には優しいという特徴がありますね。

美容成分とクリームファンデーションがひとつになったものというイメージだと思います。

パウダーなしではベタベタしてしまいますが、ファンデーションよりもBBクリーム派という方も多いのではないでしょうか。

ではCCクリームとは一体何?

BBクリームが進化したCCクリーム。そんなキャッチコピーを店頭で見かけるようになって、CCクリームって何?と首を傾げた方も多いと思います。

BBクリームが進化するとどうなるのだろう。と期待された方もいらっしゃると思うのですが、BBクリームとCCクリームは似て非なるものですね。

BBクリームがしっかり欠点をカバーしてくれるファンデーションに近いものだとすると、CCクリームはベースを綺麗に整えてくれる役割を持った下地に近いものです。

CCクリームも美容成分が配合されていますので、肌の状態を整えながら少し綺麗に見せてくれるといったものになります。

ペンシルを使って目元を華やかに

これから初めてアイメイクに挑戦しようとしている人や自分は不器用でメイクに自信がないと思っている方々には、
ペンシルアイライナーがおすすめです。
リキッドタイプよりも自然に見えて、ぼかすことも簡単にできるからです。
より目の際をはっきりさせたい方はブラックでアイラインを引きましょう。
あまり太く入れすぎるとパンダ目になってしまい、シャドウやマスカラが映えなくなってしまうので注意しましょう。
よりナチュラルに見せたいのなら、ブラウンを使ってみましょう。
ブラックよりなじみやすく、優しい目元になります。
ペンシルアイライナーで是非なりたい目に挑戦してみてはいかがでしょうか。

アイラインをひくならペンシルが簡単!

 

最近のメイクの流行は、肌はナチュラルでツヤがあり、目元や口元などピンポイントでアクセントをつけるといったスタイルです。目を大きくみせるために、付けまつ毛をつけたり、まつ毛のエクステを付けたりするのも効果的ですが、メイクとしてはアイラインをしっかりと引くことが大切です。アイライナーには大きく分けて、リキッドタイプのものとペンシルタイプのものがありますが、初心者にも簡単に使えるのはペンシルです。自分のまつげの生え際ギリギリにラインを引き、まつ毛とまつ毛の隙間を埋めるように塗りつぶしていきましょう。ペンシルは滲みにくいので、長時間崩れることがなくお勧めです。

入れ墨とアートメイクの違い

特殊器具で、皮膚に染色していく美容技術のことを「アートメイク」と言いますが、メイクの手間が省けることやすっぴんでもキレイでいられることで話題となっています。一度アートメイクをすると数年間は落ちないので、眉・アイライン・唇にアートメイクをする人が多いです。入れ墨は一生落ちないように、アートメイクよりもっと深くの真皮にまで染色するなので、痛みを伴います。アートメイクはキレイになるために施術をしますが、入れ墨はなにもなかったところに装飾するものです。どちらも簡単に消えるものではないので、施術前にきちんとカウンセリングをしてデザインを打ち合わせしておいた方が良いでしょう。

落ちないアイラインで印象的な目元に

アイラインははっきりとした印象的な目元に仕上げるために欠かせないメイクです。
でもせっかく引いたアイラインも洗顔をすると取れてしまいますので、メイクの度に引き直して目元を作り直さなければいけません。
しかもこのラインを引くのはかなりのテクニックが必要なので、なかなかなれない方はメイクに時間がかかってしまうことでしょう。
そこでオススメなのが入れ墨で入れることです。
アートメイクは落ちないメイクとも言われてアイブロウなどでも利用される方が多いのですが、汗をかいてもクレンジングしても印象的な目元のままでいることができるのです。”

メイク落としはしっかりやろう

メイク落としはしっかりと確実に行うことが大切です。アイラインに関しては、専用のメイク落としを使って優しく落とすことが必要です。目元はデリケートですから、優しく落とさないとトラブルの元になります。顔用のものを兼用してしまうと、アイラインを優しく落とすことができません。ゴシゴシと落とすとシミやシワの元になります。確実に落とすためには、専用のものを使うことと共に、綿棒やコットンを使ってこすらずに落とすことが大切です。毎日のことですから大変ですが、落とし残しがあるとトラブルに繋がりますのでメイク落としは確実に行うように心掛けましょう。

アイラインを綺麗に落とすコツ

アイラインのメイク落としをおろそかにすると、シミやシワが出来る原因を自分で作ってしまうことになります。綺麗に落とすコツを掴んで、日々のメイク落としを確実に行うようにしましょう。肌を擦るとシミやシワの原因になります。デリケートな目元にくすみが生じたりするのは困りますので、こすらないように落としましょう。そのためには、専用のリムーバーを使うことが大切です。コットンにたっぷりと含ませて目元に馴染ませながら落とすとスムーズに落とすことができます。目元は焦るとキチンと落とすことができません。こすらずに、たっぷりのリムーバーを使ってメイクを溶かすような感じで落とすようにしましょう。コットンを使うときには、メイクを浮かして溶かし、コットンに吸わせるようなイメージで落とすとよいです。少し時間をかけるだけで落ち方が違います。細かなところは綿棒を使って落とすとよいです。

入れ墨ではなくアートメイクです。

女性のメイクの最大のポイントともなる目元、目元強調アイテムにはいろいろなものがありますが、中でもやはり一番影響するものといえばアイラインなのではないでしょうか。たかだか細い線一本と思われがちですが、まつ毛とまつ毛の間を埋めるように正しく引けば、それだけでもかなり印象は違います。しかしこのパーツは意外と難しいと感じている女性も多く、よく見かけられるようにまつ毛の生え際から離れてしまっている女性が多いです。これでは目を大きく見せる効果はないので、最近はこのアイラインを簡単に引くためにアートメイクで色素を入れてしまう人が増えているようです。よく勘違いされますが、このアートメイクは入れ墨とは似て非なるもので、数年で消えるメイク技術です。

アイラインを入れ墨でパッチリと

 

はっきりとした目元は、現在のデカ目メイクには欠かせないポイントです。
でもメイクをした時と、寝起きの顔のギャップが大きすぎることに悩む方も増えています。
そこで話題なのが、入れ墨で入れるアイラインです。
この方法はアートメイクと言って、古くから行われているもので、眉毛などもアートメイクで行っている方も多いのです。
まぶたとまつげの境目の部分にアートメイクを入れることで、はっきりとした猫目を演出することができます。
この入れ墨は洗っても落ないので、寝起きの顔とメイク済みの顔の印象のギャップを埋めることもできるのです。

ペンシルタイプを使いこなそう。

アイラインはメイクにおいて非常に重要な役割を果たします。

目を大きくぱっちりに見せてくれるので、目が小さいことがコンプレックスであるかたでも、簡単にデカ目を手に入れることができるのです。
アイライナーにはあペンシルタイプとリキッドタイプがあります。どちらにもメリットがあり、使いやすさによって選ぶのもよいですね。
きりりとしたハッキリした線ならリキッド、柔らかい印象の目元にしたいのならペンシルタイプがよいでしょう。
色は、黒ははっきりとした印象に、優しい印象であればブラウンがおすすめです。いろいろ試してみてはいかがでしょうか。

アイラインはしっかりと引きましょう。

女性の魅力をさらにアップさせるメイクですが、その仕上がりを大きく左右する部分といえば、やはり目元メイクになるのではないでしょうか。目元をよりパッチリと大きく見せることがメイクの出来不出来を決めると行っても過言ではなく、それを証明するかのように、ドラッグストアなどには目元強調アイテムが所狭しと並べられています。そんな中でも仕上がりに大きく影響するアイラインは、太さに関係なく必ず入れておきましょう。アイラインをうまく表現することでしわを目立たなくすることができます。まつ毛とまつ毛の間を埋めるように引いて行くのがポイントで、初心者はリキッドよりもペンシルタイプを使えば失敗しても修正できるので使いやすいです。

メイク落としのコツと重要性

スキンケアでたくさんのアイテムを使用しお手入れすること同様にケアの基本となるのメイク落としと洗顔です。特にメイクが濃くなる目元は皮膚も薄くデリケートな部分なので注意が必要です。メイク落としのコツとしては、とにかく強くこすらず優しく行うことです。アイメイク専用クレンジングなどのアイテムを使うと、リキッドタイプなどで濃い目に引いたアイラインもしっかり落とすことができるので、綿棒などに含ませなぞるように落としていきます。一見落ちれば良いと考えがちですが、強い摩擦や化粧残りは後のしみやシワなどといったトラブルのもととなります。

アイラインは肌に残りやすいので綺麗にオフしましょう

入浴後、メイクをしっかりとオフしたつもりなのに目の周りがパンダのようになっていた…。こんな経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。
実はこのパンダ目はアイラインがきちんとオフできていなかったことが原因となっています。特に顔全体のメイク落としを一度に済ませてしまうとパンダ目になってしまいがちです。
ではどのようにすればよいのかといえば、やはり目元には目元用のクレンジングを使用することが大切です。できることならリキッド状のメイク落としを綿棒に染み込ませて、まつ毛の間もしっかりオフするようにするのが理想的です。
くれぐれも落ちないからといって目の周りをごしごしとこすらないようにしましょう。皮膚のたるみやシワの素になってしまいます。

メイク落としのコツ~アイメイク~

“女性のメイクにアイラインは必須のものであり、ほとんどの女性がアイメイクをしています。
最近では、太めにしっかりと引くアイラインが流行ですが、
メイク落としの際に、なかなか綺麗にメイクが落とせないという悩みを抱く人も多いのではないでしょうか。
アイラインを綺麗に落とすコツは、メイク落としの前に、アイメイク専用のメイク落としを使って
目の周りのメイクを一度丁寧に落とすことです。
そのあとに顔全体のメイクを落とすと綺麗にメイクを落とすことが出来ます。
また、このとき、まつげが痛んだり、抜けないように、優しくなでるようにメイクを落とすことも必要です。

アイラインはたっぷり使える水クレンジングで

 

アイラインのメイク落としをする時、ファンデーションとは別に落とした方がいいことはわかっていてもポイントメイク落としが高い場合があります。
そんな時は水クレンジングを使ってみるのはどうでしょうか。マンダムから発売されている「うる落ち水クレンジング」はクチコミ評価も高いクレンジングです。たっぷり入ったサイズなのでポイントメイク落としよりも低価格でメイクを落とすことができます。
やり方は、コットンにたっぷり含ませて目元を押さえて5秒ほどしたらすっと離すだけ。コットンで優しく落とすことで、皮膚のシワにもなりにくくなります。